「ラ・フォルジュ」は、ゆっくりと噛み締めるように楽しみたい赤でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加