ワインと料理

白菜としゃぶしゃぶ用の豚肉のミルフィーユ鍋。柚子の代わりにカボスの皮を添えてみました。

Point: なめらかな触感と香りを合わせる

 

白菜としゃぶしゃぶ用の豚肉のミルフィーユ鍋。柚子の代わりにカボスの皮を添えてみました。

白菜としゃぶしゃぶ用の豚肉のミルフィーユ鍋。柚子の代わりにカボスの皮を添えてみました。

コトコト煮込んだ温かいものが恋しい季節となりました。もちろん日本酒で、というのもオツですが、コトコト系もワインで美味しくいただけます。

 

この白ワインは、香りがとても清々しく、よく熟した洋梨やカリン、それにユズのような柑橘類の香りもします。味わいはとてもなめらか。でも酸味もとてもフレッシュなので後味がとても心地よく、やはり柚子系の香りがほんのり残ります。

 

季節柄、鍋に柚子を添えて、という設定を考えてしまいます。ですが、魚介類のマリネ、魚介類を使用したオイルベースのパスタ、レモンなど柑橘類のドレッシングで鶏ささみのサラダを、あるいはイカと野菜の蒸し物など、守備範囲が広いワインです。

今回は、白菜と豚の薄切り肉を交互に重ねて出汁でコトコト煮てみました。味つけは普通に味醂と醤油。豚肉のトロリとした脂の加減とワインの爽やかな酸が相殺し合って味わいがまろやかになります。そこに柑橘類の皮を添えたり、食べる時に果汁を少し搾ってみると、香りも更に融合。まったり後味が終わるのがよければ柑橘類なしで、さっぱり感で終わりたいなら果汁を搾ってみてください。

 

<付記>

この造り手、ラングロワ・シャトーは何度かスパークリングワインのクレマン・ド・ロワールが登場しています。シャンパーニュのボランジェが投資した先ですね。いずれも食卓での活躍場面が多いアイテムで重宝すると、改めて感心しています♪

(text & photo by Yasuko Nagoshi)

ラングロワ・シャトーは、スパークリングも美味しいですがこの白も!

ラングロワ・シャトーは、スパークリングも美味しいですがこの白も!

カテゴリー 白ワイン
ワイン名 ソミュール・ブラン

Saumur Blanc

生産者名 ドメーヌ・ラングロワ・シャトー

Domaine Langlois-Château

生産年 2011
産地 フランス/ロワール地方
主要ブドウ品種 シュナン・ブラン
希望小売価格 2,100円
輸入元/販売店 ラック・コーポレーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article