ワインと料理

甲州が「和食に合う」といわれる理由のひとつがわかりました。

Point: 味わいのトーンと触感を合わせる

レンコン、人参、アスパラガス。アスパラが一番よい組み合わせでした。

レンコン、人参、アスパラガス。アスパラが一番よい組み合わせでした。

日本独自のブドウ品種、甲州は、元来しとやかな個性で料理に寄り添うダイプの品種だとされてきたので、和食との相性がよい理由は特に考えなかった方も多かったように思います。ワインはその産地の郷土料理と合う、というのは各国各地でもよくあるケースですから。とはいえ、和食と甲州が合いやすい理由のひとつが解明されて、合点がいった方々もいらっしゃるようで、何よりです。

この勝沼甲州は、白い花、グレープフルーツやレモンのような柑橘類、リンゴなど白い果実、吟醸香といった、フレッシュで上品な香りです。味わいもしっとりなめらかで、静かな中に旨みや塩っぽさが感じられ、爽やかな酸が心地よく広がります。若々しさに溢れるハツラツとした白ワインです。

白身魚や青魚の塩焼きや、水菜のおひたし、白魚のかき揚げなど、もちろん和食との相性も抜群ですが、今回は反対に洋食系を合わせてみました。野菜のパスタです。人参、レンコン、グリーンアスパラガスをニンニクオイルで炒めてショートパスタとからめて。野菜の中ではアスパラガスと一番よい関係でした。

この甲州だけでなく、野菜を美味しく食べられるワインがいくつもあります。ワインを飲むからといって、必ずしも肉、魚、チーズが必要なわけではありません。もしワインのおつまみや料理はカロリーが高そうだから、と気になる方がいらっしゃれば、どうぞ野菜でワインもお薦めしてみてください。

(text & photo by Yasuko Nagoshi)

甲州が「和食に合う」といわれる理由のひとつがわかりました。

甲州が「和食に合う」といわれる理由のひとつがわかりました。

カテゴリー 白ワイン
ワイン名 勝沼 甲州 シュール・リー
生産者名 シャトー・メルシャン
生産年 2012
産地 日本/山梨県
主要ブドウ品種 甲州
希望小売価格 オープン価格(1,000円台)
販売元 メルシャン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article