おしゃれに飲む

17202990_2014-11-06_02-34-51_DSC01771

日本最大級のモダンアートフェスティバル、横浜トリエンナーレが行われました。そしてそのフィナーレを飾ったのは「省エネ技術とアートでつくる、もうひとつの横浜夜景」と題した「スマートイルミネーション横浜」です。参加したアートパフォーマンスのひとつ「夜光船」では、11月1日の夜、「ルイナール」のブラン・ド・ブランを堪能するオシャレな催しがありました。

17204333_2014-11-06_03-43-57_DSC01507_(1024x683)

「スマートイルミネーション横浜」を見に行ったことはありますでしょうか? この催しは、「3.11」の年に節電するだけでは街も心も暗くなってしまう!と、グリーンエネルギーとアートのチカラで新しい夜景を作り出そうとはじまったプロジェクトです。「夜光船」というパフォーマンスイベントを共催したのは横濱まちづくり倶楽部と水辺荘という地元有志で、ワコールアートセンターがバックアップ、世界最古のシャンパーニュ・メゾン「ルイナール」がその趣旨に賛同しスペシャルコラボレーションが実現しました。

 

アーティストと茶人による2つの異なるお茶席で、「ルイナール」のアロマゲーム(インタープリテーション)も行われました。香道のようでもあり、お茶当てを楽しむ茶かぶきのようでもありますね。懐石弁当は、「ルイナール」のアロマにインスパイアされたHIGASHI-YAMA Tokyo作だといいますから、更に素敵です。

茶席1
亭主:松村宗亮氏
席主・空間演出:中村敬氏

茶席2
亭主:徳永氏
席主・空間演出:日下淳一氏

 

アロマ豊かな「ルイナール」のブラン・ド・ブランの、透明感と輝きのある香りと味わいは、きらめくスマートな夜景の中で一段と映えたにちがいありません。

スマートイルミネーション、ルイナールについての詳細はこちらを。 スマートイルミネーション  ルイナール

(写真提供:MHD モエヘネシーディアジオ/text by Yasuko Nagoshi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article