ワイン&造り手の話

クーラー入

ドゥラモットのブラン・ド・ブランのヴィンテージは、ブラン・ド・ブランの中でも独自のスタイルを確立しています。現在2004年ヴィンテージが市場にありますが、次に続く2007年もリリースが始まるようです。バック・ヴィンテージと比較試飲することで見えてきたドゥラモットの世界、そして2007年の特徴について、佐藤陽一さん、阿部誠さん、情野博之さん、精鋭ソムリエ3名の語りを聞いてきました。

 

右から2007, 2004, 2002, 2000, 1999年。色合いも微妙に異なります。

右から2007, 2004, 2002, 2000, 1999年。色合いも微妙に異なります。

<ドゥラモット ブラン・ド・ブラン ヴィンテージの世界>

同じ銘柄の異なる年のワインを比較試飲すると、その銘柄独特の共通項が見えてきます。今回はドゥラモットのブラン・ド・ブランを2007 / 2004 / 2002 / 2000 / 1999 という5つのヴィンテージが並びました。

(この銘柄の詳細情報は「ドゥラモットのブラン・ド・ブランはコート・デ・ブランの集大成」を)

 

「熟成させて美味しくなるブラン・ド・ブランですね。サロンのセカンド的存在だと言う人もいますが、サロンとは個性が異なっていて、ドゥラモットらしいブレンドの複雑性が感じられます。それに、ブラン・ド・ブランには、さっぱり、すっきり、というタイプが多いですけれど、ドゥラモットはちがいますね」と、情野さん。

 

「生姜の砂糖漬けのような香りがします。細かい香りや味わいのニュアンスを充分楽しめるので、少し高めの温度でサービスするのがよいと思いますね。クリーム、スパイス、ジンジャーといった香りが楽しめます」と、佐藤さん。

 

「2007年はもう少し置いておきたいですね。2004年が、ちょうど今美味しくなってきていて、2002年が1,2年前に今の2004年に近い状態だったから、収穫年から10年ぐらい経過するとちょうどよい感じですね」と指摘するのは、阿部さん。

 

それぞれ含蓄のあるコメントです。若い段階ではフレッシュ感を楽しみ、少し熟成させてから更に醸し出される複雑性を楽しむのもよし。そして、少し高めの温度で飲むのが、ドゥラモットらしさを満喫するコツのようです。

ソムリエ3名横

日本のトップ・ソムリエのお三方、佐藤さん(中)、阿部さん(左)、情野さん(右)。

 

それからソムリエお三方の意見が一致したのは「サロンは飲み頃がいつ来るか予想するのが難しいけれど、ドゥラモットはだいたい同じ経過をたどっているので、予測がたてやすい」という点でした。

長年、サロン&ドゥラモットを扱っている間にわかる姉妹の性格のちがい、ということでしょう。収穫年から10年ぐらい経過すると花開くようです。「1999年は、今ちょっと閉じこもってサナギのようですから、きっとまた開いてくると思いますよ」と阿部さん。チョウチョになって羽ばたく1999年も見てみたいですね。

 

<2007年の特徴と楽しみ方>

皆さんのコメントから、2007年の香りや味わいの特徴をまとめると、こういうことになります。

熟した黄色い果実の香りや白い花、洋梨、トースト、ナッツ、蜂蜜などを思わせる、ピュアなアロマ。なめらかな食感で、まろやかな果実味で酸がこなれて、バランスよくデリケイト。4つの畑のシャルドネがとてもきれいにハーモニーを奏でている。

春先から温かく成長が早めに進行した、アルコール度数と酸のバランスのとれたヴィンテージならではのやわらかさが醸し出されています。

 

あと3年待つのもよいですが、せっかくなので若いうちにも楽しみたいはずです。そんな時には「一杯目のアペリティフではなく、食事と共に飲むのがよい」というのも満場一致。では、どういう風に楽しむのがよいのか、アイデアをいただきました。

 

*情野さん/お店編

ドゥラモットのブリュット・ノン・ヴィンテージで始めて、2杯目から少し高めの温度で2007年を。食事の最後には山羊のチーズなどフレッシュ・チーズに少し蜂蜜を添えて、あるいはリンゴのタルトでしめる。

*佐藤さん/お店編

クリームやキノコを使ったパイ包み焼きにお薦め。

*阿部さん/お店編

最初は普通の温度で出して、3杯ほど他のシャンパーニュをはさんで、最後にもう一度少し高めの温度でもう一杯。

う〜ん、どの飲み方にも惹かれます。

 

では、今度は家飲みする場合は?

*情野さん/家庭編

ハンペンや笹かま、さつま揚げを少し炙って、ほんのり醤油をつけて。他には海老フライのような揚物、あるいは寿司系もいける。

*佐藤さん/家庭編

和食がいい。ふぐ。ふぐ刺しやふぐの唐揚げ。高級和食と。(佐藤さん、家飲みのはずが高級和食…でも、そういうお宅もきっとあるにちがいありません!)

*阿部さん/家庭編

てっちり。鶏の水炊きと。鶏のスープに合う。

さあ、どうでしょう。まずは手軽なハンペンとさつま揚げで試してみましょうか?

まだまだ若々しい2007年ヴィンテージ。

まだまだ若々しい2007年ヴィンテージ。

 

でも、ドゥラモットのヴィンテージを最大限に楽しむには、3名のソムリエさんのお店に行くのが一番正解なのかもしれません。プロによる絶妙のサービスで、スペシャルな味わいを是非!

佐藤陽一氏 「マクシヴァン」  阿部誠氏 「ヴィオニス」  情野博之氏 「アピシウス」

輸入元:ラック・コーポレーション

(text & photo by Yasuko Nagoshi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article