おしゃれに飲む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピノ・ノワールの魅力というか魔力は、多くのワイン好きを魅了しています。2年に1度開催される「ピノ・ノワール・セレブレーション」、つまりピノ・ノワール好きのための試飲会が(飲み会ではありませんが、飲んでしまってもちろん大丈夫です。笑)、7月に行われます!

 

今回は120種類以上も出品されるようです。8か国25産地もあるようです。どのあたりでしょうか? でも、確実に日本も入っているとわかっています。なぜならば、北海道のドメーヌ・タカヒコの曽我貴彦さん、山崎ワイナリーの山崎亮一も、特別に参加されると決まったようですから。ちなみに、日本人醸造家は、ニュージーランドから参加のコヤマ・ワインズの小山竜宇さんもいらっしゃるようですね。

 

ドメーヌ・タカヒコには2年前に取材に行かせていただきました。あの時に樽から試飲させてもらったワインが、そろそろ出来上がっているはずですから、気になります。山崎ワイナリーは北海道のワイン映画「ぶどうのなみだ」のストーリーのベースとなったワイナリーだといわれています。琴線に触れる味わいだったのでしょう。

 

第1部のセミナー&お弁当、第2部の試飲会、共に若干空きがあるようです♪

でも万が一いっぱいの場合には、2年後ですが次回即刻のお申し込みをされることをお薦めします!

 

以下、いただいた情報をご覧下さい。

 

<ピノ・ノワール・セレブレーション・ジャパンのご案内>

2005年より隔年で開催されている、ピノ・ノワールの有志輸入元による「ピノ・ノワール・セレブレーション・ジャパン」が本年も7月に下記日程にて開催されます。

今回は12社の輸入元が参加し、日本人ワインメーカー3名も特別参加で出展します。

ただ今、参加者募集中です。 ピノ・ノワールを愛する方ならどなたでもご参加になれます。

 

開催日時:2015年7月11日(土)

会場:東京アメリカンクラブ(港区・飯倉)

内容:

第1部:

セミナー 「新しい地平を拓いたピノ・ノワール、歴史はあの時から始まった」

オレゴンというピノ・ノワールの新産地を切り開き、世界からの熱い注目を集めたジ・アイリー・ヴィンヤーズの2代目ジェイソン・レットとドメーヌ・ドルーアン・オレゴンの代表者デヴィッド・ミルマンが来日、

2002など熟成ピノの魅力も楽しめる、合計6種のワインの試飲セミナー、そして生産者とともにピノ弁当とワインを楽しむランチョン付き

試飲ワイン:

Domaine Drouhin Oregon Laurène 2012 / 
Joseph Drouhin Chambolle Musigny 2012
 / Domaine Drouhin Oregon Laurène 2007

The Eyrie Vineyards Reserve Pinot Noir 2012
 / The Eyrie Vineyards Reserve Pinot Noir 2005
 / The Eyrie Vineyards Reserve Pinor Noir 2002

 

第2部:

グランド・テイスティング

世界8カ国25産地超の120種以上のピノ・ノワールが試飲できます。またニュージーランドのコヤマ・ワインズの小山竜宇、北海道のドメーヌ・タカヒコの曽我貴彦、山崎ワイナリーの山崎亮一の3氏も特別出展!

 

会費:

フル・プログラム(1部と2部すべてに参加、ピノ弁当のランチョン付き) 15000円

2部のグランド・テイスティグのみは6000円

 

詳細・お申し込みは特設ホームページにて。

Facebook でも生産者や出展ワイン情報をアップ中です!

(情報提供:ヴィノテーク/text & photo by Yasuko Nagoshi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article