ワイン&造り手の話

コート・デ・ブランについて多くを教えてくれた「ピエール・ペテルス」当主、ロドルフ・ペテルス。ワイナリーの玄関口の壁画の前で。晴天の午後なので、日差しが少し眩しそうです。

代々受け継いで来たル・メニル・シュール・オジェをはじめとする、コート・デ・ブラン地区の特級格付けの畑。いずれも誰もが羨む素晴らしい立地にあります。もちろん、有名大手各社も必ずこれらの村に自社畑か契約畑を持っています。現在当主を務めるロドルフ・ペテルス氏は「本当にラッキーだと思っているんだ」。「守り続けてきれくれた父や祖父をリスペクトしている」と、偉大な畑を継承できた運命への感謝をポツリポツリと口にします。今は合計で20ヘクタールになった畑をいかに健全な状態で、あるいはよりよい状態で次世代に渡すか、それもひとつの使命だと考えているようです。

「ピエール・ペテルス」のシャンパーニュを飲むと、そのピュアな香りと味わい、そしてピンと張った緊張感に似た一貫性にちょっとした感動を覚えるのですが、ロドルフは、その理由のすべては畑の中にあるのだといいます。ここのプレステージである「キュヴェ・スペシャル レ・シェティヨン」はル・メニル・シュール・オジェにある単一畑のもの。世界的に知られる「クリュッグ」の単一畑「クロ・デュ・メニル」とよく比較される畑でもあります。

「レ・シェティヨン」の2006年ヴィンテージは、まだ若く、上品でまっすぐで、舌触りはなめらかながらピンと張った糸のようなフレッシュな酸とミネラルが感じられる、しっかりとした芯のある味わいでした。それが2002年となれば少し丸みが出て、トースティーさや熟したカリンやスパイスのようなニュアンスも感じられ、一段と奥深い様を楽しめます。ロドルフ曰く、もっと熟成するとアーモンドのようなナッツ、スパイシーさ、スモーキーさも出て、より複雑な味わいになるようです。

どうしてこのような「作品」とも呼べるシャンパーニュが造れるのでしょうか。

<ポイント1/シャルドネの選抜>

ペテルス家では代々、マッサール・セレクションという方法をとっています。これは、自分の畑に植えられているブドウの樹の中から、できのよいものだけ選んで残していく、増やしていく、という方法です。具体的には、春が来る前に剪定する時、その2週間後、収穫の1、2週間前にブドウの樹をすべてチェックして、マイナス要素が感じられたものにリングをつけていくのだそうです。それで、そのリングが4つになったらイエローカード! 残念ながらその樹は引き抜かれてしまう運命に。

このような選抜を100年近く(いえ100年以上かもしれません。栽培家としては1858年に始まり、シャンパーニュ造りが1919年からですから)続けてきているのです。加えて、年々シャルドネはできの良いものだけになりますが、すべてが同じ性質だということはなく、個性の異なるおよそ45種類のタイプのシャルドネがペテルスの畑で育っているといいます。だからロドルフは「畑の中ですでにブレンドがされている」という言い方をします。これだけのことをしている造り手は本当に稀です。

<ポイント2/表現力の秀逸さ>

「ピエール・ペテルス」にはいくつかの銘柄がありますが、それぞれが固有の性格を備えています。ひとつの「シャルドネ」というブドウ品種でありながら、その表現力の素晴らしさにもまた感激! するのです。ざっくりと比べてみるとこのようになります。

「キュヴェ・ド・レゼルヴ ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ」

複数の村の畑+複数のヴィンテージ→ ペテルスのスタンダード。バランスよく、複雑性もある上品でソフトな仕上がり。→ いつでも飲みたいタイプ。

「キュヴェ・ラ・ペルル ブラン・ド・ブラン」

複数の村の畑+複数のヴィンテージ+気圧が低め→ 「ブラン・ド・ブラン」の入門編。フルーティーでクリーミーで、親しみやすい。→ ランチでも!

「キュヴェ・エクストラ・ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ」

複数の村の畑+単一のヴィンテージ+ドザージュ(糖分調整)とても少なめ→ (2009年)黄色い果実の香りが豊かで厚みもありながら、芯の強い味わい。ピュア。→ きちんとしたお料理と飲みたいタイプ。白身魚や鶏肉を。

「キュヴェ・ミレジメ レスプリ・ド・ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ」

厳選された複数の村の畑+単一のできの良いヴィンテージ+ドザージュ少なめ→ 上品で、バランスよく、ハリがあり、力強いというよりはエネルギーが感じられる。→ ちょっと特別な日に。でも、誰にでも喜ばれる味わい!

「キュヴェ・スペシャル レ・シェティヨン ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ」

ル・メニルの単一畑+単一のできの良いヴィンテージ+ドザージュ少なめ→ 稀少品なので、気持ちにも余裕のある、じっくりゆっくり味わえる特別な日に!

ロドルフの話しを聞いていると、畑の中から醸造所まで微に入り細を穿った気の遣い用で、洗練されたシャンパーニュを造りたい、という情熱が伝わってきます。ペテルス家の伝統とロドルフの熱き思いは、すべてボトルの中に詰め込まれています。

<付記1>

記事中に記した「複数の村」とは、ル・メニル・シュール・オジェ、アヴィーズ、クラマン、オジェなどコート・デ・ブランの特級格付けです。また「ラ・ペルル」のみセザンヌ村のシャルドネも使っているため「グラン・クリュ」という表記がありません。もし、ル・メニル・シュール・オジェの際立った特徴を味わいたい場合には、「レ・シェティヨン」をお試しください。

<付記2>

お嬢さんの名前を冠した素敵なロゼも造っています。それはまた次回。

ペテルスのプレステージ・キュヴェ、単一畑のレ・デェティヨン!

ペテルスのプレステージ・キュヴェ、単一畑のレ・デェティヨン!

カテゴリー スパークリング
ワイン名 キュヴェ・スペシャル・レ・シェティヨン ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュCuvée Speciale Les Chetillons Brut Blanc de Blancs Grand Cru
生産者名 ピエール・ペテルス Pierre Pêters
生産年 2004
産地 フランス/シャンパーニュ地方/コート・デ・ブラン地区
主要ブドウ品種 シャルドネ
希望小売価格 11,000円
輸入元/販売店 中島董商店
カテゴリー スパークリング
ワイン名 キュヴェ・ド・レゼルヴ ブラン・ド・ブラン グラン・クリュCuvée de Réserve Blanc de Blancs Grand Cru
生産者名 ピエール・ペテルス Pierre Pêters
生産年 NV
産地 フランス/シャンパーニュ地方/コート・デ・ブラン地区
主要ブドウ品種 シャルドネ
希望小売価格 6,000円
輸入元/販売店 中島董商店
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article