ワイン&造り手の話

サロン&ドラモットの玄関。

完璧主義者のウジェーヌ・エメ・サロンが、毛皮商をやめて購入した1ヘクタールの畑から始まる「サロン」。初ヴィンテージは1911年ともいわれています。それから1世紀以上を経た今、その変わらぬピュアな姿を見ることできると考えると、不思議な感覚にとらわれます。そして今ではしっかりとした弟分の「ドゥラモット」と共に強靭なタグを組んでいる、そんな兄弟メゾンでしょうか。

「サロン」から、この100年でリリースされたヴィンテージは37。今市場にある1999年が37番目となります。普通では考えられませんが、ウジェーヌ・エメ・サロンは、本当に素晴らしいヴィンテージでなければ「サロン」としては世に出さないと決めたのでした。そして他にも厳格な決まりがあります。

使用するブドウは、コート・デ・ブラン地区のル・メニル・シュール・オジェの、彼自身が購入した1ヘクタールの畑、そして長期契約している9ヘクタールの畑から収穫されるシャルドネだけ。合計で19区画に及ぶといいますが、これらの畑はサロン氏が健在だった時代に契約していた畑そのまま。すべてに共通するのは、丘の上方にある東向きの斜面の畑だという点です。ル・メニル・シュール・オジェは、コート・デ・ブランの中でも最も「表土」が少なく硬い石灰岩が近いのでブドウの樹が苦労をして育つ環境にありますが、その中でも更にその条件が整っているというわけです。

とすると、どういう個性になるのか。酸とミネラルの強い、硬く引き締まったワインができあがります。だから「サロン」は市場に出てくるまでに10年以上も待たなければならないのです。恐らく若い段階で飲んだら、とても素直に「美味しい!」とはいえないのでしょう。平均して14年の時を経て「サロン」はリリースされるのです。若い時に冷たいぐらいに気位の高い美女が、年を経てまるくなるのを待った、そういう経験をされた男性がいるとすれば、きっと「サロン」を気に入られるかもしれませんね。

反対に妹分の「ドゥラモット」の「ブラン・ド・ブラン ノン・ヴィンテージ」は4年ほどの瓶熟成が普通です。ただし、こちらはコート・デ・ブラン地区ではあっても他の村のシャルドネもブレンドしていますから、よりソフトでなめらかで、早く美味しく飲めるのです。品質も高い位置で安定していますから、いつも満足度の高いキュヴェだと感じています。

そう、「サロン」と「ドゥラモット」は姉妹関係にあるので、「サロン」が造られないと決まった年の「サロン」用のブドウは、「ドゥラモット」に使われるというところもミソです! 高貴なエキスが「ドゥラモット」に活気を与えてくれるのです。

そして今回の訪問で、「ドゥラモット ブラン・ド・ブラン ミレジメ2002」も試飲させてもらいましたが、これがまた素晴らしい出来でした。香りから華やかで豊かで、味わいもミネラル感がありながらとてもリッチ。こちらもコート・デ・ブランのシャルドネだけですが、これは特級格付けの畑だけ。この年はシャルドネにとって恵まれた年だったこともあり「豊かさが出る畑」を厳選して2002年らしさを表現したようです。

さて、最後に「サロン 1999」がどんな味わいだったのか少々お伝えしておきます。1999年から既に13年以上経ているにもかかわらず、とても若い印象を受けました。夏がとても暑かったことを反映して、香りからも力強さが感じられます。でも、あくまでも重いのではなくて、はっきりとした勢い、です。トースト、ナッツ、アプリコットといった香りがして、酸やミネラルはもちろん豊かですが、同時に厚みもあり、とても余韻が長い、ゴージャスな「サロン」です。ちなみに、シャンパーニュに感じられる「トースト」のような香ばしさは、樽発酵や樽熟成によるものでない場合が多く、「サロン」の場合はまさにそう、瓶内二次発酵後の瓶内熟成によるものです。70年代までは伝統的な手法、つまり小樽で発酵させていましたが、より畑の個性を尊重するためにステンレスタンクを導入して、それ以来ずっとステンレスのみを使用しています。

ふと思ったのですが、「サロン」の類い稀な高貴さは、マリア・カラスの歌声に通じるものがあるかもしれませんね。

関連記事:ドゥポン社長来日料理とワイン

「ドゥラモット」のノン・ヴィンテージのブラン・ド・ブラン。安定感が素晴らしい。

「ドぅラモット」のノン・ヴィンテージのブラン・ド・ブラン。安定感が素晴らしい。

カテゴリー スパークリング
ワイン名 ブラン・ド・ブラン Blanc de Blancs
生産者名 ドゥラモット Delamotte
生産年 NV
産地 フランス/シャンパーニュ地方/コート・デ・ブラン地区
主要ブドウ品種 シャルドネ
希望小売価格 7,350円
輸入元/販売店 ラック・コーポレーション

「ドゥラモット」2002年のブラン・ド・ブラン。まさに偉大な年!

「ドゥラモット」2002年のブラン・ド・ブラン。まさに偉大な年!

カテゴリー スパークリング
ワイン名 ブラン・ド・ブラン2002 Blanc de Blancs 2002
生産者名 ドゥラモット Delamotte
生産年 2002
産地 フランス/シャンパーニュ地方/コート・デ・ブラン地区
主要ブドウ品種 シャルドネ
希望小売価格 8,610円
輸入元/販売店 ラック・コーポレーション

現行の1999年の「サロン」。次のリリースは?

現行の1999年の「サロン」。次のリリースは?

カテゴリー スパークリング
ワイン名 サロン Salon
生産者名 サロン Salon
生産年 1999
産地 フランス/シャンパーニュ地方/コート・デ・ブラン地区
主要ブドウ品種 シャルドネ
希望小売価格 42,000円
輸入元/販売店 ラック・コーポレーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article