おしゃれに飲む

ピクニックや旅先にマイ・グラスの持参、いかがでしょう?

旅先の旅館で、途中の新幹線の中で、あるいはお花見やアウトドアという設定で、ワインを飲みたいシーン、きっとあると思います。でも、マイ・グラスを持ち運ぶのはマイ箸ほど気軽なことではありません。そういう時に役立つのが、リーデルの「Oシリーズ」。長い「脚」がついていないので、持ち運びやすく安定感も抜群です!

このシリーズは、11代目のマキシミリアン・リーデルが2004年に開発そうです。マシンメイドでとても機能的、且つリーズナブルな価格で買えるで「ヴィノム」シリーズのいくつかの脚と台座の部分だけ取り除いた形状なのが、この「オー シリーズ」です。素晴らしいアイデアですよね。それに、コンパクトで頑丈な筒型の箱に入っていますから、鞄の中へすっと入れておけば特にそれ以上のガードをする必要がありません。

10代目当主のゲオルグ・リーデル氏は、出張回数がとても多い人ですが、どこへ行くにもこの「Oシリーズ」をスーツケースの中にひそませて出かけるそうです。仕事先でも必ずしもちょうどよい形状のグラスでワインがサービスされるとは限らず、残念な思いをした経験があるので、これが開発されてからはいつも持ち歩くことにしているとか。

例えば、お花見やピクニックの場合、せっかくワイングラスを持っていったのに長い脚で不安定で倒してしまう、ということがあります。でもこのグラスなら、安定感が抜群で心配がありません。脚がない分こぶりなのも重宝しますね。

ちなみに、このスタンダードな形の他に、小ぶりの「ヴィオニエ/シャルドネ」、たっぷりした丸い形状の「ピノ・ノワール/ネッビオーロ」、少し大きめの「カベルネ/メルロ」など、ブドウ品種別にいくつか揃っています。マイ・グラスを旅やピクニックに連れて出てはいかがでしょうか。

<リーデル・オー シリーズ>参考サイト

http://shop.riedel.co.jp/riedelo

グラスの底には "RIEDEL" のロゴが。ゲオルグ・リーデル氏のグラスは、名前入りでした。

グラスの底には “RIEDEL” のロゴが。ゲオルグ・リーデル氏のグラスは、名前入りでした。

カテゴリー ワイングラス
商品名 リーデル・オー 酒テイスター
生産者名 リーデル Riedel
品番 414/22
産地 オーストリア(生産はドイツ)
製法など マシンメイド
希望小売価格 2,100円
輸入元/販売店 リーデル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article