おしゃれに飲む

改良されて、正式に発売が始まりました。

以前「実験」結果をお知らせしたワインストッパー「フラヴァン」ですが、その後いくつかの改良を経て、正式に発売が開始されました! 1本の脱酸素剤で1ヶ月から3ヶ月持つというのですから、頻繁に買い足さなくてもよいという点も嬉しいところ。家庭でも、飲食店さんでも重宝するのではないでしょうか?

性能については、以前の実験結果をご参照いただくとして、改良点だけお知らせいたします。

1)脱酸素剤を袋に入れて取り付けるのではなく、そのままストッパーのぶらさげ棒にひっかければよいので、一手間省けるようになりました。

2)通常のボトル用のMサイズと、ブルゴーニュ瓶とスパークリングワイン用のLサイズと2種類あったのですが、それでもスパークリングワインのボトルの場合は脱着が結構大変だったのですが、それが楽にできるように。

3)外箱に日本語の説明が!

こんなところですが、ある信頼のおけるレストランのオーナーの方がこんなことをおっしゃっていました。

「営業時間中は脱酸素剤をつけたりすると手間なのでストッパーだけで使うのですが、それだけでも性能がよいので助かります」

なるほど。営業終了後にも残っている場合だけ脱酸素剤を使えばよいということですね。

そして、脱酸素剤の交換の目安は「触って硬くなってきたと思ったら」。酸素を吸収すると硬化するようです。ただ、もしもストッパーと脱酸素剤をセットしてその後開封さえしなければ、1年は保存可能だとか。

これがあれば、家庭でも複数のワインを同時に開けるのも可能ですね。それに一人飲みで残ってもワインを無駄にすることなく、飲みきれそうです。

追伸:泡ものの場合は、ちょっと注意を!

スパークリングワインの場合は、脱酸素剤を装着したフラヴァンで密閉して置いておくと、最初にコルクを抜く前の状態に戻るので、特に液体の減りが少ない時には注意してください。最初にコルクを抜く時と同じような扱い(瓶をちょっと斜めにする/いきなり開けないでプシュッという音がする程度にゆっくり開けるなど)をしないと吹き出す可能性が高いということです。大切な泡をなくしてしまわないように、お気をつけくださいね。

(text & photo by Yasuko Nagoshi)

2014年4月より「玉川高島屋」を皮切りに全国の髙島屋ワイン売り場で発売開始。今後、百貨店、ワン・ショップでの販売開始も続きそうです。

拡大 カテゴリー ワインストッパー
商品名 フラヴァン FLAVIN
サイズ M(通常ボトル)、L(ブルゴーニュ、スパークリング用)
内容 フラヴァン1個+脱酸素剤10本
生産国 韓国
輸入元 東亜商事
希望小売価格 1,800円
その他 脱酸素剤のみ20本入り1,500円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article