おしゃれに飲む

01_DSC02792★◎

ワインはファミリービジネスだったり一族に代々受け継がれてきたものだったりすることが多いけれど、さて、ワインづくりの一族に生まれたなら私はどうしていただろう、と夢想することがあります。

 

先日、ちょっとおもしろいビジネスを選んだ女性に出会いました。ジョーイ・ウォルファー。アメリカ・ニューヨーク州のハンプトンにあるワイナリー、ウォルファー・エステイトの娘です。

 

ハンプトンは、映画などでご覧になったことがある方も多いと思いますが、ニューヨークの人たちが行くロングアイランドの高級避暑地。ホテルなどはほとんどなく、別荘を持つ人だけが行くことのできる場所として知られています。

 

私は3年前、そしてつい先日、このハンプトンを訪れてきました。ロングアイランドのワイナリーを巡るためです。そして2度目のウォルファー・エステイト訪問にして、ようやくジョーイに会えたというわけです。

 

彼女はワイナリーを継ぐのではなく、ファッションの道を選びました。最初はジュエリーデザイナーとして。そして、ここからがユニークなところなのですが、2009年、大きなトラックをハイエンドなセレクトショップに仕立てたのです。その名もSTYLELINER。

 

彼女の説明によると、それはcurated high end boutique on wheelsとなります。つまり、彼女自身が世界中を旅して、そこにしかないものを見つけて、集めてくるキュレーターというわけ。

 

「ここにあるものはあなたのクローゼットの中にあるものときっと同じなのよね?」と聞くと「そうなの! 私が本当に好きなものだけを置いているのよ」と言っていました。

ハンプトンの住人に「マイ・ワイナリー」として愛されているウォルファー・エステイト。

ハンプトンの住人に「マイ・ワイナリー」として愛されているウォルファー・エステイト。

STYLELINER内部。今日のセレクトはこんな感じ。ちょっとボヘミアン・テイスト。

STYLELINER内部。今日のセレクトはこんな感じ。ちょっとボヘミアン・テイスト。

このセレクトショップはトラックなので移動します。どこへでも移動する=どこにもアドレスがないショップ。この考え方、今っぽくてとても素敵だなと思いました。

 

時にはマンハッタンへ走ることもあるけれど、STYLELINERは主にハンプトンの中を移動しています。たとえばウォルファーのワイナリーの中に。時にはハンプトンで行われるイベントに。そして、これこそがこのショップの真骨頂だと思うのですが、なんと、人の別荘に出かけていくこともあるというのです。

 

ジョーイに会ったこの日も、夕方からパーティーが行われるとある別荘に出かけていく予定だと言っていました。「パーティーに出かけると私たちがトラックで現れて、そこでお買い物ができるというわけ。最高に楽しいと思うわよ!」
自分の別荘にハイエンドブティックがやってきてくれる! なんという魅惑的な出来事なのでしょう。アメリカのお金持ち達のライフスタイルの一部を垣間見た気分でした。

 

ジョーイが集めている品物は、世界各地で彼女が気に入ったもの。トップス、スカートなど着るものもありますが、さすがジュエリーデザイナー出身というだけあって、ハットやアクセサリーがわりにもなるミニバッグ、ストール、バングル、ネックレス、ベルト、サンダルといった、ファッションのスパイスとなる小物が中心。

ストールも彼女がセレクトするとこの通り、ひと味違うゴージャスさ。

ストールも彼女がセレクトするとこの通り、ひと味違うゴージャスさ。

トラック後部はバッグのコーナー。それだけで主役級のアクセサリーバッグが勢揃い。

トラック後部はバッグのコーナー。それだけで主役級のアクセサリーバッグが勢揃い。

クラフト感あふれるベルトは1本プラスするだけで服も違って見えるマジックアイテム。

クラフト感あふれるベルトは1本プラスするだけで服も違って見えるマジックアイテム。

そうなのです! シンプルなファッション+ゴージャスな小物。ファッションはそれだけで見違えます。「ワインを飲むときのファッションを想定しているの?」と聞くと「そうよ! だってワインを飲むということはライフスタイルの一部。おしゃれして、楽しまなきゃ!」とジョーイ。

 

私たちに日ごろ足りないのはこの考え方かな、と思いました。なにもワンピースをあつらえる必要はないのです。シンプルな服装にお気に入りのアクセサリー。仕事が終わってワインを飲みに出かける時に、ひとつプラスするだけで、同席する人も楽しい気分になれる。なによりも、自分自身の気分が高揚します。それこそがファッションの楽しみ!

 

ワインづくりそのものではなく、ワインを彩るファッションをテーマに自分の道を定めたジョーイ。そのスタイルこそ、ワインの楽しみ方のひとつの正解を表しているという気がしました。

 

「あなたは旅が好きなのね。だったら私たちのタグラインをつけたオリジナル商品をあげるわ」。そういって彼女が渡してくれたのが「#THEROADWETRAVEL」と書いたゴールドのブレスレットでした。私の活動タグラインは「#THEWORLDISMYHOME」。ワインという共通の楽しみがあり、旅が好きな人は、世界のどこかの路上でこうやって出会うものなんだな、と感じたうれしい出来事でした。

 

ジョーイと。彼女にもらったブレスレットは宝物になりそう。

ジョーイと。彼女にもらったブレスレットは宝物になりそう。

さて、私は今日もこっそりと、仕事バッグの中に変身用のゴージャスなアクセサリーを入れて、どんなワインのお誘いにもすぐに楽しく対応できるように準備しています。

 

次回ワインを飲むときには、思い切ってアクセサリーをひとつ、加えてみてはいかがでしょう? きっと気分も、お味も変わることと思いますよ!

(text & photo by Miki Ikeda)

03_DSC02758◎ カテゴリー セレクトショップ
店名 STYLELINER
URL STYLELINER
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article