for Professionals

IMGP3678

<スーパーはどこも似たり寄ったり?>

< Are Supermarkets All Alike / the original text is following this translation >

ワイン業界の統合が進み、ワイン界が様々な面で影響を受けた。主にオーストラリアを例にして、対照的な側面を2つほど見てみよう。一つには、ますます寡占を極める巨大企業によって小売業界が支配されているという状況がある。例えばイギリスでは、ワインの75%がスーパーマーケットで販売され、その大部分がブランド化されて表情のないワイン。これを、ビッグ・ワインと呼ぶことにする。小規模の個人経営の小売店も戦ってはいるが、空けられた水は大きい。市場が巨大な2つのコングロマリットで支配されるオーストラリアでは、スーパーで販売されるワインの割合はより一層高くなる傾向にある。外見は様々あれど、背後にはわずか2つのスーパーマーケット・グループ、Woolworth’s(ウールワース)とColes(コールズ)があるにすぎない。

 

結果、多くの飲食店でビッグ・ワインがあからさまに拒絶されることになった。企業っぽさの臭うワインは、レストラン、ワインバー、ソムリエなど、ワイン界の決定権を握りながらも、このようなブランドと関わることを拒否する人間の気に障るものとなった。かつては商品に忠誠的だった客ですら、品位が落ちたと思うようになったのである。

 

結局、たいがいのビッグ・ワインはワインをビール同様に扱うような、数字にしか関心が無い大企業が生産している。例えば、Treasury Estateが、生産地らしい味わいうんぬんは愚か、すでにほとんどワインの味すらしない、かつては品位のあったブランドを立て直そうとあがくのを見ても、顔をしかめることしかできないのはこのせいだ。

 

とはいえ、スーパーと、その複雑に入組んだ商売の触手は、あるいは少なくとも、そこで売られているワイン達は、いつもそんなにたちが悪いものなのか? スーパーはどこも似たり寄ったりなのだろうか。

 

値崩れに歯止めのきかない何ガロンというありきたりのビッグ・ワインには同情しにくいが、オーストラリアも例に漏れず、自分の手でワインを造っている小規模で優秀な生産者が憂き目をみるという話には事欠かない。大型量販店では、どこが何を扱っているのかが一目瞭然で、それに伴って強気のディスカウントが行われ、次第に名も堕ちていくのだ。どうして、こういう小さな造り手たちは、ワインの評判や、相応しい場所に自分のワインを置いてくれるテイストメーカーたちに村八分にされるという代償を払ってまで、スーパーマーケット・ゲームに参加せねばならないのか。なぜなら、他に選択肢がないからだ。少なくとも、オーストラリアでは。

 

どういうことかというと、オーストラリアは小さな国内市場しか持たない、巨大ワイン生産国。従って、ワイン産業の成功は、小数の消費者よりも輸出市場に依存することになる。しかし、状況は厳しい。輸出業績は、オブラートに包んで言うなら、落ち着いている。オーストラリアのワインは心躍るルネッサンス期にある一方で、そのメッセージが従来通りのマーケットにまで伝わっているとは言い難い。ゆえに、生産量の少ないプレミアムワイナリーといえど、輸出停滞のリスクを未然に防ぎながら売れ残りの在庫を片付けるため、大きなリテール業へ頼るようになってきているのだ。コンシューマーの数少ない選択肢に割り込むために、小規模生産者はスーパーの気まぐれにも翻弄されなければならない。人口500万人ほどの都市、シドニーでさえ、独立したまっとうなワインショップは両手で数えられる程しか無いのだ!

 

だからこそ、少なくともオーストラリアではスーパーも十把一絡げにはできず、売られているワインが最高に素晴らしいことだってある。例外はあるが、オーストラリアの小売業態のダイナミズムは、イギリス、ヨーロッパ、そして比較的成熟した市場を持つはずの日本とは対照的に、ブランド化されたいくつかのつまらないワインが棚を埋め尽くすということはない。大規模な小売店では、Oyster BayやJacob’s Creekといった大量生産品の脇に、マセドン、タスマニア、そしてモーニングトン・ペニンシュラなどの遼遠で冷涼な地域からの傑出したワインが並んでいるのをオーストラリア中で見ることができる。

 

しかし、プレミアムな階層に属する数多くのワインが量販店で手に入るのなら、バー等の経営者からは敬遠されてしまうのではないだろうか。答えは残念ながら、多くの場合イエス。これが少なくとも私の思う、オーストラリアのワインシーンの致命傷だ。ユニークなワインリストを ”キュレート”(これもホットなキーワードだ)するのに必死になるあまり、量を買えば割安で購入できる可能性のあるワインがバーやレストランの商売の妨げになることを危惧して、優れたワイン達をリストから閉め出しているのだ。更にいえば、あまりにも手に入りやすいがゆえに、カッコよさが足りないのだといえる。市場の販路が二社独占されていることを考えると、この状況はしばらくはこのまま続きそうだ。オーストラリアのハイクオリティ・ワインの先行きは怪しい。

 

とするなら、ワインの動向を決定づける選び手たちは、何を主張しようとしているのか。NYからメルボルン、ロンドンまで、今熱いのはワインが生まれた場所だ!こう考えると、ボルドーの人気失墜にも(少なくとも、今現在は)合点がいく。なぜなら、いくらボルドー市民が自分たちの土地が大好きでも、個々のワインの味わいが具体的な「場所」と結びつくことはほとんどないからだ。今の時代を反映したワインリストからは、ボルドーというカテゴリー自体が抜けているのも目に付く。また反対に、ソムリエに人気の高いブルゴーニュ、ピエモンテ、ロワール、ドイツなどの、畑を表現したワインへの礼賛はこの流行と同列のもの。除梗無しでとげのある、ヤラヴァレーのシラーが支持されるのも同じ理由だ。オーストラリア全土で造られる、伸びがあってミネラル豊かな現代的なシャルドネの表現もしかり。しかし、それがゆえに生産コストは高く、生産量は限られたものになるのは免れない。

 

また、ワインというスペクトラム上の先端、あるいは、尖っている方と呼ばれているワイン達が、これまでになく面白くなってきている。ここでは、「介入最小主義」がゲームの名前だ。オーガニックやビオディナミ栽培のブドウで、タンニン、酸、酵素、酵母を無添加で造られる反逆的ともいえるワインの歴史は、古代にまで遡り、汚染物質、合成肥料、遺伝子組み換えに代表される人類の尊大さによって脅かされた世界や、ビッグ・ワインに対して”F…k you”を突きつけている。

 

多くの評論家は、このカテゴリーを”ナチュラルワイン”と呼ぶ。誰がどう思おうと、伝統的なシンクタンクからは敬遠されるテクニック、例えば白ワインの醸造過程での長時間のスキンコンタクト、温度管理なしの発酵、古い樽やアンフォラなどのニュートラルな容器を使用して造られたワインは、気泡があったり、オレンジ色がかっていたり曇っていたり、酸化していたり、といった原始回帰の周辺に佇むようなワインになるのだ。

 

しかしながら、ここでもまた生産量はごく少量で、コストも高い。さらに、この種のワインは冒険好きで教養もある飲み手に強く訴える一方、健全なワインビジネスの基盤となるようなワインでもない。量と価格優先のインダストリアルなワインと、その背後の企業の陰謀が、かつて活気のあったワイン界の信用を落としたのと理由は似ている。

 

オーストラリアの巨大なリテール網に見られるワインのセレクションはうらやむべきもので、オーストラリアの消費者は世界のどこより恵まれたショッピングができるのだが、質のよいワインを造る生産者でさえが、現実の壁と、理解者の支持が得られないという現状の板挟みになっている。唯一無二のワインリストやエゴを飾り立てるための「分かる者にしか分からない」ようなスタイルではなく、通常の販路で売られていようがいまいが、しっかり造られた良質なワインを評価するという姿勢、より大きな視点が欠けているのは、残念だ。

(text by Ned Goodwin MW / translated & photo by Ai Nakashima)

 

 

THE ORIGINAL TEXT

< Are Supermarkets All Alike / by Ned Goodwin MW>

The consolidation of the wine industry has affected many facets of the wine world. Let’s look at a couple of juxtaposing forces, largely focusing on Australia. On one hand, retail is increasingly controlled by large and fewer players. In the United Kingdom, for example, statistics indicate that approximately 75% of wine is sold in supermarkets, much of it heavily branded and bleak. Let’s call it Big Wine. Smaller, independent retailers may be fighting back but there is a long way to go. Exponentially, this figure is likely even higher in Australia where the market is controlled by two large conglomerates of wine stores under various guises albeit, beneath it all, owned by just two large supermarket groups, Woolworth’s and Coles

 

This has resulted in an outright rejection of Big Wine in much of the on-trade. Wines afflicted with a corporate whiff grate on sommeliers and other gatekeepers who cultivate and disseminate taste in restaurants, wine-bars and across the media, yet refuse to touch the ubiquitous brands that even once loyal customers find déclassé.

 

After all, Big Wine is largely made by bean counting corporations who treat wine like beer. Grimace, for example, at the trials and misguided tribulations of Treasury Estates as they struggle to rebuild the brand equity of once-noble labels, swallowed and wrung of that which tastes like wine, let alone wine with any semblance of provenance.

 

Yet are supermarkets and their convoluted tentacles of trade, or at least the wines they sell, always so bad? As importantly, are all supermarkets alike?

 

While it is hard to sympathize with ‘Big Wine and its low and lower priced gallons of mediocrity, tales are rife in Australia too, of small, hands-on premium producers being shafted by the downward spiral of all-pervasive visibility in the large retailers and with that, aggressive discounting and the gradual decay of their names. Why are the little guys playing the supermarket game at the expense of being ostracized by the gatekeepers whose very voice they are so reliant on for reputation and placement in the right places? Because they have no choice, at least in Australia.

 

Think about it. Australia is a major producer of wine limited by a small domestic market. Subsequently, it is a smallish consumer reliant on export markets for the success of its wine industry. Times are trying, however. Export performance is staid, to put it mildly. While Australian wine is going through an exciting renaissance, this message is yet to be conveyed to traditional markets. Thus, even small-production, premium wineries are increasingly reliant on large retailers to obviate the slack in exports and mop up residual stock. Many smaller producers are also subservient to the whims of supermarkets in order to get their wines in front of consumers bereft of alternative shopping options. In Sydney, a city of five-million or so, I can count the independent wine stores of substance on two hands!

 

Thus, supermarkets are not all alike and in Australia at least, the wines they sell can be excellent. With some exceptions, the Australian retail dynamic is very different to that in the UK, other European countries, and even relatively mature markets such as Japan where little but bland, heavily branded wines line supermarket aisles. In large retailers throughout Australia, alongside the industrial machinery of Oyster Bay and Jacob’s Creek, there exists premium wines of exceptional quality from cool climate regions as far afield as Macedon, Tasmania and the Mornington Peninsula.

 

Yet if many wines among the premium tier are also available in large retailers, are they not also shunned by the gatekeepers? Sadly, too often, yes. This, for me at least, is the great bane of the Australian wine scene. Desperate to ‘curate’ (the buzzword of the moment) unique wine lists, the key gatekeepers shun many excellent wines because they are at risk of being discounted in the multiples and thus, compromise profits in bars and restaurants. Moreover, they are too available and not hipster enough. Given the retail duopoly, this dynamic is not going to change any time soon and bodes ominously for the future of most quality wine in Australia.

 

What are the gatekeepers advocating then? From New York to Melbourne to London, provenance is where it is at! This partly explains the fall from grace (at least for the time being) of Bordeaux which, despite the raptures of the Bordelais, has too often little to do with place and as a result, is conspicuously absent as a category from wine-lists reflective of the current zeitgeist. Conversely, the lauding of site-inflected wines from Burgundy, the Piedmont, Loire and Germany among the sommelier hipster brigade, is concomitant with this trend; as is support for supine Syrahs from the Yarra Valley, non-destemmed and spiky; in addition to contemporary expressions of tensile, mineral-infused Chardonnays from all over Australia. Inherently, however, production costs are high and quantities tiny.

 

And then there is what is referred to as the pointy or pointier end of the wine spectrum, which has never been more exciting. Here, minimal intervention is the name of the game. Renegade wines hailing from organic and/or biodynamic vineyards and handled without additions be they tannin, acidity, enzymes or yeast, hark back to antiquity and serve as a proverbial ‘F…k you’ to Big Wine and a world threatened by man’s hubris manifested as pollutants, chemical fertilizers and genetically modified crops.

 

Some commentators call much of this category of wine natural. Whatever one’s take, wines made with techniques eschewed by the conventional think-tank such as extended skin contract for white wines, fermentation without temperature control and the use of neutral vessels be they older wooden barrels or amphorae, see wines dwelling near the atavistic fringe as bubbly, orange, cloudy and oxidative.

 

However, quantities here, too, are minuscule and costs are high. Moreover, while this idiom of wine speaks strongly to the adventurous and educated drinker, it is not the category to serve as the foundation for a healthy wine trade, just as industrial wines driven by volume and price and the corporate machinations behind them, have brought discredit to a once-vibrant wine community.

 

While selection across Australia’s large retailers is enviable and Australian consumers have it far better than their supermarket-shopping counterparts elsewhere, even quality producers are caught between the rock of reality and the unwillingness of those whose support is required, to see the bigger picture and to champion quality wines across styles irrespective of their retail presence, rather than esoteric styles that serve to embellish a single wine-list and/or ego.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article