ワインと料理

黒豆 のコピー

まもなく旧正月を迎える、と思うと

まだ年始気分が抜けない今日この頃。

今年のおせち料理、いろいろ反芻しています。

 

毎年何を作るか考えて一応全部作ってみる(まぁ、実験ですね)

ことが続いています。

よく企画でおせちに合うワイン、などありますが、

本当にコレは難しい。

素材そのものの個性がかなり主張していたり、

何をフォーカスポイントにするか、で

何を選ぶか悩むと思うのです。

個人的には好きなもの飲めれば幸せではないかしら? と思うのですが。

マッチングってそういうことなんじゃないかな。

なので私は泡ものにシフトしてしまう。

 

黒豆ただ、味つけ、私にとっては甘さの加減になるのですが、

これのバランスで新たな発見がある、ということも

今年、わかりました。

黒豆です。

 

帯広産のものを初めて買ってみました。

大ヒット!

大きすぎず、皮と実(というのか・・?)がしっかりくっついていて

しわしわにならない。

一晩漬けておくとふやけて大きくなると思うのですが、

大きくなりすぎず、抜群のサイズ感なのです。

 

生砂糖甘さは初めて買ってみた生砂糖。

味の入り方が違う! と素人目でみてもわかりました。

すぅっと入ってどっしりしない。

 

分量は最初レシピの1/4程度しか入れません。

それで一度煮ていきます。

あとはつまみながら足していく。

豆が常に浸っているように水を足しながら。

 

結局、砂糖はあと少しだけ加えました。

甘さはこのくらいでちょうどいい。

豆が美味しく感じる。

シャンパンの勢い、ではないな、このバランスは。

かといってじゃぁ何だろう…

年末修業のように飲んできたワインを思い出します。

いや、シャンパンでもロゼ、セニエっぽいのにしてみる?

いや、イタリアの土着品種系、うーん、赤はキツイと思うから白?

そうね、赤ではない、この甘さには。

タンニンの主張加減でずっと悩み続ける気がする。

私の経験値が浅いゆえ。

 

白か。

なんだろう、良いのだけど、ブルゴーニュ全般から感じられる

シャルドネの個性、ボリューム感のあるもの、ということでもない。

甘さが豆に入っているから、このボリューム感は微妙に感じるかも。

どんな白ワイン用の品種があるかなぁ。

 

合わせなくてもいいのではないか、とすら思うほど

アホみたいに悩んでいる自分がいます。

こうなったらどこかに着地しなきゃ気がすまない。

 

ヴィオニエふと思い出したのがこの白ワイン。

 

レバノンのヴィオニエ。

ずっとひっそり思っていたこと。

ヴィオニエって国によってこうも違うのか、と新しい発見があるけれど、

なんとなく琴線がつながっている。

余韻に残る、なんだろう、柔らかさに一定のふり幅があるような。

もちろんファーストアタックの香り、口に含んだ瞬間に広がる特徴的な甘さ、

果実をイメージできるフレッシュさ、

それは個体差があると思いますが。

このレバノンのヴィオニエはエレガントさをまず表現してくれる。

それを思い出しました。

素材の甘さ、それをアシストしてくれるような果実の甘さ(うーん、甘さという表現が短絡的ではありますが、他に言葉が見つからない…)

このバランス感があると思うのです。

しかもフィニッシュにベタつきがない。

 

もう一回黒豆煮てみたくなりました。

同じような仕上がりになったらこれはしっかり実験しなければ。

妄想とは、一期一会のタイミングを想像することですから☆

(text & photo by Satoko Fujisaki)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article