おしゃれに飲む

一口おつまみを集めると、こんな感じです。

ご存知でしょうか? 8月31日まで、代官山のTENOHA(テノハ)に「ANNA TERRACE(アナ・テラス)」という「アナ・デ・コドーニュ」を中心としたコドーニュ商品を楽しめるアンテナショップがオープンしています! 駅からも近いオシャレなビルなので、コドーニュに合わせて用意されたおつまみと一杯、というのが楽しそうです。

 

左の白とピンクがアナ・デ・コドーニュのスリーバーボトルです。

左の白とピンクがアナ・デ・コドーニュのスリーバーボトルです。

今までも、コドーニュから「アナ・デ・コドーニュ」という銘柄は販売されていましたけれど、今回のものは特別なスリーバーボトルで、中身もちょっと違うようです。

アナ=女性の横蛾をの素描画があしらわれた、白とピンクおしゃれなボトルで、普通の「アナ」よりも、瓶内熟成期間が長い(普通のものは9か月、スリーバーボトルは15か月)ので、その分味わい深く造られています。

 

ちなみにアナ・デ・コドーニュというのは、「コドーニュ」の創立者の一族の一員で、コドーニュ史上の重要人物の一人です。というのも、彼女は1659年にミゲル・ラベントスと結婚しました。このラヴェントス家のホセ・ラベントスが、シャンパーニュで修業をした後に瓶内二次発酵によるスパークリングワインの製法をスペインにもたらしたのです。

 

今回、コドーニュからは日本市場に始めて導入されたアイテムが他にもいくつかありましたので、別のページでまとめてみます。

 

<DATA>

「アナ・デ・コドーニュ スリーバーボトル」

シャルドネ70%、チャレロとマカベオ15%、パレリャーダ15%.瓶内熟成15か月(レセルバ表示をできる)

トロピカルフルーツ系の果実や柑橘類の香りが豊かで、ふっくらとしたクリーミーな触感で、リッチ&フレッシュ。

 

「アナ・デ・コドーニュ・ロゼ スリーバーボトル」

ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%。瓶内熟成12か月。

ロゼは「以前より明るい色にした」と言うものの、イチゴ果汁のようなきれいな赤みを帯びたピンク色。イチゴやチェリー、ラズベリーなどの香りがきれいで、爽やかでバランスよい味わい。

(輸入元:メルシャン)

( text & photos by Yasuko Nagoshi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article