ワインと料理

ロゼでも色合いは様々です。

今年のお花見はどこへ行くか、もう決まりましたか? 海外には日本のようなお花見の習慣はないようで「日本では桜の花がいつ頃咲くのか、ニュースで天気予報みたいな知らせがあるんだってね」と、ワインの生産者からおもしろがって言われたことがあります。きっと一度満開の花の下で…という経験をしてみれば、毎年お花見したくなる気持ちがわかってもらえることでしょう。開花予想が出始めると、やっぱりどの週末にいい具合にお花見ができるのかと、そわそわしますよね。巷にも、桜色や桜形の関連グッズがたくさん並び始めているので、ますます気分が盛り上がります。

お重に詰めるとお花見弁当らしく見えますね。

お重に詰めるとお花見弁当らしく見えますね。

さて、今回はロゼワイン3種類とお花見弁当に入っていそうなおかず3種類を組み合わせてみました。家族でお花見、という人もいるでしょうが、知人友人で集合してそれぞれがロゼワインを持ち寄る、という設定もあるのではないかと思います。そういう時のヒントにどうぞ。

<ストロベリー・ピンクの「ブリュノ・クレールのマルサネ・ロゼ」×鶏の梅シソ巻き&ドライトマト巻き>

ブルゴーニュ地方の黄金の丘=コート・ドールの北の玄関口ともいわれるマルサネは、ブルゴーニュで唯一、赤・白・ロゼすべてを生む産地です。ここで、ロゼを最初に造り始めたジョセフ・クレールという人物の孫、ブリュノ・クレール作のロゼです。ジョセフの時代、20世紀初頭はまだ赤ワインがあまり売れ行きがよくなくて、ロゼを造ることを思いついたようで、クレール家のロゼの人気が出てから他の生産者もこぞって真似したのがマルサネ・ロゼの始まりです。

ラズベリーやスモモのようなフレッシュな香りで、なめらかな口当たりと清々しい酸が心地よいロゼです。ほんのりと口を引き締める程度の収れん性もよい感じ。梅シソのバージョンでも、ドライトマトのバージョンでも、後味がまろやかな相性です。他には、一口トンカツとか、唐揚げ、ミニスモークチーズ、アスパラベーコン巻きといったおかずにも合いそうです。ちなみに、このロゼは温度が少し上がってくるとより美味しく感じますので、温度管理も楽ちんです。

<淡いサーモンピンクの「トリエンヌ・ロゼ」×手まり寿司>

南仏プロヴァンスにあるエクサン・プロヴァンス地区の東で造られるロゼです。樹齢の高いサンソーという地元品種を主体にしていて、毎年とても安定した品質です。ブルゴーニュ地方のスターでもある、ドメーヌ・デュジャックのジャック・セイスとドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティのオベール・ド・ヴィレーヌ、そしてもう一人の友人ミシェル・マコーという3名がこのワイナリーを立ち上げました。大変豪華な顔ぶれなのですが、このロゼを含めてトリエンヌのどの銘柄もお手頃価格なので、いつも感心してしまいます。

チェリーやピンク・グレープフルーツ、そして花のニュアンスも感じられるフレッシュな香りで、旨みや塩っぽさのある、なめらかな口当たりです。若々しい心地よい酸味もありますが、厚みもあります。これに、手まり寿司を合わせてみました。小鯛の手まりもいいですが、桜の花の手まりの場合お互いにフローラルな香りを引き立て合って、とてもよい相性です。洗練された味わいなので、筍の煮物や山菜の天ぷらにも合いそうです。もちろん現地で食べそうなニース風サラダや魚介類にもいいですね。

<洒落たボトルの「アミオ・ギィ・エ・フィスのクレマン・ド・ブルゴーニュ・ロゼ」×鰆の照焼き 木の芽添え>

泡をご所望の方には、こちらのブルゴーニュ産スパークリングワインを。シャサーニュ・モンラッシェを拠点にしていて、リッチな白、洗練された赤を造ると評判の造り手です。あの高貴なモンラッシェにも畑を所有しているそうですよ。ちなみアミオ・ギィのクレマンは、このピノ・ノワールだけで造るロゼの他に白もあり、そちらはシャルドネ+アリゴテ+ピノ・ノワールです。

ストロベリーをはじめとするベリー系果実の香りがふわりと立ちのぼります。味わいは、全体にまろやかな印象ですが、後味はフレッシュですから、また一口飲みたくなります。旬の魚、鰆の照焼き木の芽添えを合わせてみると、まろやかさがちょうどよく合い、ほっこりとします。他には、ハムやサラミはもちろんのこと、小エビのフライやチーズ入りのライスボール、リエット、あるいはタレをからめた肉団子も相性がよいのではないでしょうか。

どうぞ楽しいお花見を♪

ロゼワインと宅配ピザの巻もご参考に。

(text & photo by Yasuko Nagoshi)

マルサネ・ロゼの始まりは、このクレール家から。

マルサネ・ロゼの始まりは、このクレール家から。

カテゴリー ロゼワイン
ワイン名 マルサネ・ロゼ Marsannay Rosé
生産者名 ドメーヌ・ブリュノ・クレール Domaine Bruno Clair
生産年 2012
産地 フランス/ブルゴーニュ地方
主要ブドウ品種 ピノ・ノワール
希望小売価格 3,000円(本体価格)
輸入元/販売店 ラック・コーポレーション

ローマ時代3年ごとに行われたバッカスの祭典「トレンニア」と創業者3名を表す「トリ」を合わせて「トリエンヌ」と命名。

ローマ時代3年ごとに行われたバッカスの祭典「トレンニア」と創業者3名を表す「トリ」を合わせて「トリエンヌ」と命名。

カテゴリー ロゼワイン
ワイン名 I.G.P.メディテラネ トリエンヌ ロゼI.G.P. Mediterranee Triennes Rosé
生産者名 ドメーヌ・ドゥ・トリエンヌ Domaine deTriennnes
生産年 2012
産地 フランス/プロヴァンス地方
主要ブドウ品種 サンソー主体+グルナッシュ、シラー、メルロ
希望小売価格 2,000円(本体価格)
輸入元/販売店 ラック・コーポレーション

ロゼ色がよくわかる洒落たボトルです。

ロゼ色がよくわかる洒落たボトルです。

カテゴリー ロゼスパークリングワイン
ワイン名 クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット ロゼCrémant de Bourgogne Brut Rosé
生産者名 アミオ・ギィ・エ・フィス Amiot Guy & Fils
生産年 NV
産地 フランス/ブルゴーニュ地方
主要ブドウ品種 ピノ・ノワール
希望小売価格 3,000円(本体価格)
輸入元/販売店 ラック・コーポレーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article